Amazonが狙う、成長分野のカテゴリ

スポンサーリンク



最近は全然ファッションに対する興味が
落ち着いてきたというかそれほど
購入することもなくなってきたんですよね。

人前でお話しすることが多いので、
仕事用の服は購入しますが私服に
関してはめっきり減ってしまいました。

20歳~23歳ぐらいまでは、
自由に使えるお金ができれば
ファッションにつぎ込みまくってましたし、

このネットビジネスを始める理由の一つに、
「自由に服を買いまくれるお金が欲しい」
という物欲の塊感ハンパないマインドでやりましたからね。

スタイルが変わったというか、
「イイモノを永く使う」ということに
意識を持っていくようになったからかもしれません。

なので買うときは金額気にせず買う。
みたいな、自分のハートがしびれた時だけ
購入するようになりました。

で、久しぶりにしびれた商品がありまして、
思わず購入してしまいましたw

それが、こちら。
http://marketingartist.jp/l/m/MDhf9J8AhdasNs

昨年とかに出てたみたいなんですが、
あんまりブランド感満載の商品には抵抗があったんですけど、
これを背負ってる人を見かけた時にしびれてしまいました。

バッグ系もいいんですけど、
最近はリュックの楽さを覚えてしまいまして、
それでもっとかっこいいリュックはないかなというところにドンピシャで。

なんかもう正規店に新品がなくて、
かなり高値で取引されているようですw

僕も正規店では無理だったので、ネットで購入しましたね。

・・
・・・。

という、どうでもいいくだりを読んでいただいてありがとうございます。
実はAmazonがですね、こういった取り組みを始めたわけですよ。

http://marketingartist.jp/l/m/HEQAXSjuORerPH

これを読んでどう感じましたか?
Amazonがどこを伸ばしていきたいかよくわかりますよね。

日本のEC市場で、
Amazonは楽天に次いで2位です。

当然、1位を目指すAmazonが
楽天に負けてるカテゴリで何もしないわけありません。
その成長分野として取り組んでいるこのカテゴリですが、
僕はかなりアツいカテゴリと思っています。

今、Amazonは中国人セラーが結構多いです。
ベストランキングトップの商品はほぼ中国人セラーでして、
かなり市場が大きいカテゴリには必ず中国人セラーがいます。

「この中国人セラー強いなー。」

って思ってしまうコンサル生も多いのですが、
これはまだまだ下級階層の中国人セラーなんですよ。

この戦闘力で下級。
つまり、中級と上級はもっとやばいわけです。

ちなみに、上級のセラーは欧米Amazonだけで
年商1600億という異次元レベル。

クソ強いです。
悟空が身勝手の極意を発動しても勝てないレベルだと思いますね。
(観てる人にしか伝わらないなーw)

で、こういったセラーが2018年に
日本Amazonに降臨する可能性があるんですよ。
(最近はこういった裏情報を入手できるパイプを確立しました。)

ってなった時に、どうやって対策していくのかってことが重要です。

”日本人だからこその強みを活かせるカテゴリを伸ばしていくこと”

そして、Amazonで販売するなら、
Amazonがどういう方向で進んでいるか
ベクトルを合わせていくことが大切ですね。
ここに勝機があるわけです。

今はまだいいですが、2018年はAmazon市場が大きく変化します。
いち早く察知して動けるか、そのために情報を掴める状態になっているか。

2018年のAmazon情報まだ掴めていないなという方は
明日、特別なご案内をさせていただきますので、
明日のメルマガをしっかりとチェックしてください。

スポンサーリンク




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です